育児辞典

« 頸管縫縮術の抜糸 | メイン | 甲状腺機能亢進症の薬 »

B型肝炎検査の意味

最近の妊婦検診では、B型肝炎の検査を行います。これは、B型肝炎は成人がかかるとウイルスに対する抗体ができますが、新生児がかかると抗体ができず一生キャリアとなり、家族へ血液感染するおそれがあるからです。このため、妊婦がキャリアの場合は、新生児に抗体ができるまでワクチン注射をすることになります。ただし、陽性の母親は自身の検査治療は続行します。授乳は問題ありませんが、母親の血液の始末には要注意です。

関連記事一覧