育児辞典

« 甲状腺機能亢進症の薬 | メイン | 妊婦の気管支ぜんそく »

妊婦のC型肝炎

C型肝炎は通常の日常生活で感染することはまれで、B型肝炎に比べ、母子感染も少ないと言われます。したがって、胎児への影響というよりは、むしろ母親自身の肝炎、肝硬変の検査、治療を行う必要があります。分娩、授乳が終わった後に、治療を開始するといいでしょう。

関連記事一覧