育児辞典

« 花粉症のくしゃみ | メイン | 妊婦のてんかん »

GBS感染とは

GBSは、膣内に常在する細菌で、溶血性連鎖球菌のひとつです。分娩時の感染で母体が病気になるのはまれですが、新生児には敗血症の危険があります。最近は早期処置による治療が可能で、新生児が健康ならまず心配ありません。

関連記事一覧