育児辞典

« 出生直後の赤ちゃんの検査 | メイン | 出生届はいつ出すか »

ビタミンKの投与

新生児にはビタミンKの投与が一般的です。ビタミンKは出血を止めるために必要なものですが、新生児の体内にも母乳にも必要量が含まれていないため、新生児の脳出血等の後遺症のおそれがあります。そのため、新生児全員にビタミンKを投与することで、脳出血を防ぐことになっています。

関連記事一覧