育児辞典

« 妊娠による痔 | メイン | 妊娠中の卵巣嚢腫 »

子宮筋腫と妊娠

妊娠で子宮筋腫を合併した場合、その大きさや部位によって筋腫核出術をするかを決めます。妊娠継続ができないくらいの大きな筋腫の場合は、核出術を行い、流産の危険がある程度の場合も、様子を見るより核出術をしたほうが流産の危険は低くなると言われます。筋腫があっても、順調に経過することもあるので、主治医の指示をよくあおぎましょう。

関連記事一覧