育児辞典

« 妊娠中のはしか | メイン | 風疹発病後の妊娠 »

妊娠と水ボウソウ

妊婦が水ボウソウにかかると、胎児に皮膚の瘢痕や白内障等をはじめ、さまざまな異常の危険があると言われます。感染時期は妊娠5〜19週が主で、20週以降はほとんどありません。日本では、免疫のない妊婦は10%以下と言われます。しかし妊娠初期にかかると重症になることが多いので、十分な注意が必要です。

関連記事一覧