育児辞典

« 梅毒治療は早期に | メイン | エイズと妊娠 »

性器ヘルペス

妊娠中にHSV(単純ヘルペスウイルス)による性器ヘルペスにかかる場合があります。HSVの胎内感染による異常児の発症はまれで、むしろ胎児が産道を通るときに感染するのが問題です。これを防ぐため、帝王切開による分娩となり、これで95%以上は母子感染を予防できるといわれます。

関連記事一覧