育児辞典

« 妊娠中の歯の治療 | メイン | 頸管縫縮術後の留意点 »

頸管縫縮術の時期

頸管無力症のために頸管縫縮術を受けなくてはいけないという場合、とくに前の妊娠で流産したことがあるときは、予防的に子宮口が開く前の早い時期に手術をすべきです。妊娠13週ころには受けましょう。その後は、安静にすごします。

関連記事一覧