育児辞典

« 頸管縫縮術後の留意点 | メイン | B型肝炎検査の意味 »

頸管縫縮術の抜糸

頸管縫縮術後の抜糸は、通常妊娠36週ごろに行います。これよりも早いと早産のおそれがあり、また陣痛がきてからでは、子宮口が裂けてしまうからです。頸管縫縮術はテープや糸で子宮口の筋肉内を寄せているだけなので、術後は通常の人より日常の動作に気をつける必要があります。

関連記事一覧