育児辞典

« 分娩直後の赤ちゃん | メイン | さかごの分娩 »

産湯の意味

生まれてすぐの赤ちゃんに産湯をつかわせるのは、全身の血液や羊水等の汚れをとり、体をあたためるためです。しかし、最近では、赤ちゃんにとって、保温が一番大事なので、産湯をつかわせずに、体をふくだけにし、産湯を着せる病院もあります。沐浴は翌日ゆっくりとつかわせます。病院の方針で、どちらでもいいでしょう。

関連記事一覧