育児辞典

« 授乳中の服薬 | メイン | 乳房のしこり »

乳首に傷ができたら

乳首に傷ができて授乳のたびに痛むという場合、原因としては母乳の出が不十分で乳首を吸う時間が長くなっていることが考えられます。この場合は、1回の時間を短くし、回数を多くすることで母乳の出をよくすることができます。また乳輪が硬くなっているのが原因の場合は、乳輪部をマッサージして軟らかくします。乳首の傷から細菌が入ることがあるので、授乳後の乳首はいつも清潔にしておきましょう。

関連記事一覧