育児辞典

« 赤ちゃんの尿 | メイン | 青みがかった肌 »

赤ちゃんの肌の色

赤ちゃんは、肌が赤いために赤ちゃんと呼ばれます。これは、大人よりも赤血球が多いためですが、出生後はどんどん赤血球が減って、次第に大人と同様になっていきます。この間に、新生児黄疸が出て、肌が白っぽくなることがあります。赤ちゃんの肌が白くても、元気で授乳の十分なら心配いりません。元気がないと、貧血のおそれがあるので受診しましょう。

関連記事一覧