育児辞典

« はしかの予防接種 | メイン | 風疹ワクチン »

はしかの潜伏

子どもがはしかの予防接種を受けた後で、いつもの遊び友だちがはしかにかかったことがわかった場合、子どもははしかの潜伏期にワクチンを接種したことになります。この場合、はしかにかかる直後であれなワクチンが効いて発病しませんが、自然にはしかが発病してしまった場合は、重い合併症を起こすことがあります。しかし、ワクチン接種がはしかを重くするということはありません。

関連記事一覧