育児辞典

« はしかの潜伏 | メイン | 日本脳炎の予防接種 »

風疹ワクチン

風疹ワクチンは、現在は、幼児期に免疫をつけて、流行そのものを止める方法になってので、1歳になったら、まずはしかの予防接種をして、次に風疹という順序になっています。風疹ワクチンは、はしかの予防接種後、1ヶ月以上の間隔をあければいつでも大丈夫ですが、一般には2歳ごろです。お母さんの風疹の抗体8倍程度では、次の子どもの妊娠前に、子どもと一緒に受けておいたほうがいいでしょう。念のため、注射後1ヶ月は避妊をします。

関連記事一覧