育児辞典

« すぐに受診が必要なとき | メイン | 泣き方と病気 »

年齢と子どもの病気

全ての病気に起こりやすい年齢があり、これを好発年齢と言います。1歳未満の赤ちゃんに多いのは、湿疹、アトピーなど、皮膚の病気です。1歳に近づくと母体からの免疫力が消え、感染症にかかりやすくなります。発熱、下痢、発疹、かぜが多くなります。他に気管支炎、肺炎も多く、熱性けいれんも増えます。気管支ぜんそくが始めるのもこのころで、5、6歳になると、アレルギー性鼻炎が増えていきます。

関連記事一覧