育児辞典

« 症状と病気 | メイン | 高熱と解熱剤 »

赤ちゃんの発熱

生後7ヶ月になって、夜中に38.5℃の発熱があった場合、このころは母体免疫が減少して、発熱が多くなるので、とくに他に呼吸や顔色が悪くなければ救急外来に行くことはありません。生後半年ごろまでは、夜中の発熱は用心して受診したほうがいいでしょう。

関連記事一覧