育児辞典

« 発疹の種類 | メイン | 子どもの便 »

食物アレルギーによる発疹

子どもの食物アレルギーのアレルゲン(原因)は、卵白、牛乳、小麦が多く、またまれにソバアレルギーの場合もあります。そばアレルギーはとくに重く、顔面蒼白になって全身に発疹が出ます。こうしたアレルギーは、確実にアレルゲンとなるものを除去した食べ物(除去食)で治療します。普通は、2歳ぐらいでよくなります。

関連記事一覧