育児辞典

« 先天性鼻涙管閉鎖症 | メイン | 赤ちゃんの呼吸数 »

赤ちゃんの呼吸

赤ちゃんが呼吸するときは、主に鼻からとなり、鼻がつまっても、その代わりに口から呼吸するということがうまくできません。そのために、鼻に異物が入ったり炎症があると、鼻の空気を通る道が狭くなって、苦しそうな音が出たりします。とくにおっぱいを飲んでいるときに、呼吸ができなくなることがあるので、よく注意して授乳をしましょう。

関連記事一覧