育児辞典

« 新生児鱗屑(しんせいじりんせつ) | メイン | 血液型不適合の治療法 »

新生児座そう

赤ちゃんのひたいやほおに、にきび状のぶつぶつができることがあります。これは、新生児座そうと呼ばれ、生後1週間程度で出始め、2週間から1ヶ月ころにひどくなります。母乳の子どもに多いため、お母さんのホルモンとも関係があると言われます。きれいに石鹸で洗って、清潔にすれば、きれいになってきます。

関連記事一覧