育児辞典

« 赤ちゃんの両眼視機能 | メイン | 歯芽 »

はれぼったい目

生まれたばかりの赤ちゃんは、お産の重労働のために、目がはれぼったくなっています。はれは、次第に引き、片方だけ残って長引くことがあっても、やがておさまります。生後すぐの赤ちゃんには、クラミジア等による新生児眼炎予防のために目薬を点眼することになっています。

関連記事一覧