育児辞典

« はれぼったい目 | メイン | 赤ちゃんの脂腺分泌 »

歯芽

生まれたときから赤ちゃんの口内に歯が生えているものを歯芽と言います。昔は、忌み嫌われましたが、たまたま早く歯が生えただけで、ほとんどがぐらぐらしています。自然にとれると、気管に入ることがあるので、自然にとれる前にとってしまいます。硬い歯の場合は、おっぱいを吸うときにお母さんが痛いので、とったほうがいいでしょう。乳歯なので、永久歯が生えるまで歯は生えません。

関連記事一覧