育児辞典

« 赤ちゃんの脂腺分泌 | メイン | 風疹による異常 »

赤ちゃんのおっぱい

お母さんのお腹の中で、たくさんの女性ホルモンが体内に入るため、生まれてすぐの赤ちゃんのおっぱいはふくらんでいます。生後1ヶ月ごろまでふくらんでいることもあります。女児の場合は自分の卵巣からのホルモンも関係しています。3ヶ月ごろには、はっきりしたふくらみは消えます。

関連記事一覧