育児辞典

« 皮膚の乾燥 | メイン | 母体免疫 »

暑い寒いのサイン

赤ちゃんは暑い寒いを、口で伝えることができないので、泣き方や顔色、手足のあたたかさなどで判断する必要があります。暑すぎたり、寒すぎたりすると、赤ちゃんは泣きやまなくなるので、まずこれが大きなサインになります。また暑いときは、ほてって顔が赤くなりますし、寒いと手足が冷たくなるので、いち早く判断して、暑さ寒さの解消をしてあげましょう。

関連記事一覧