育児辞典

« 暑い寒いのサイン | メイン | 初乳の免疫力 »

母体免疫

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で胎盤から免疫をもらいます。これが母体免疫と言われるもので、ウイルスや感染症を予防する力があります。しかし、これは生後半年ほどで効力が切れ、その後はかぜなどにかかりやすくなります。しかし、そのころには、適宜予防接種を受け始めているので、心配しすぎることはありません。

関連記事一覧