育児辞典

« 発育のバランスとは | メイン | 体重増加の目安 »

発育の経過

赤ちゃんの発育経過は個々に違いますが、一般的には、生後1年で体重は3倍、身長は1.5倍程度になります。この間、生後3、4ヶ月ごろに一旦体重増加が鈍り、そ4、5ヶ月ごろの体重増加は、個人差が大きく出ます。大きく生まれた子どもが、このころ普通の体格になったりします。このような発育の経過があるので、途中で発育が止まったように見えても、心配しすぎないようにしましょう。

関連記事一覧