育児辞典

« 頭が大きすぎる | メイン | 大泉門の閉じる時期 »

頭の大泉門

赤ちゃんの頭は、お腹の中にいる間に、頭蓋骨のすきまがほとんど埋まりますが、唯一大泉門だけが閉じずに、骨がなく、やわらかい組織でおおわれた状態になっています。この部分は、呼吸したり泣いたりという刺激によってふくらんだりへこんだりします。大泉門がつねにふくらんでいる等があったら、一度診察してもらいましょう。

関連記事一覧