育児辞典

« 子どもの自我 | メイン | 新生児の反射運動 »

兄弟とひとりっこ

兄弟がいると、親とのかかわりと違って、遠慮のない真剣なかかわりとなり、子どもは兄弟の中で自己主張や他人との折り合い方などを学んでいきます。最近は、ひとりっこが多く、このような人間関係がない場合が多いですが、ひとりっこでも、保育園、幼稚園、学校での集団生活の中で、十分に社会性を身につけることができます。ただどうしてもひとりっこの場合は、親との関係が密接になり、視野がせまくなるおそれがあるので、この点を意識して、早く他人との人間関係を経験させるようにしましょう。

関連記事一覧