育児辞典

« うつ伏せ寝の注意点 | メイン | 立つのをいやがる »

赤ちゃんの腹筋と背筋

生後10ヶ月になっても、はいはいもおすわりもできないという場合は、まず小児科の診察を受け、腹筋、背筋の運動を発達させる遊びをしてあげましょう。腕をつっぱる形にうつ伏せの姿勢をつくってあげ、胸の下に巻いたタオルを入れ、この姿勢でおもちゃを前や横に置いて、赤ちゃんの動きを誘導します。起こすときは、ゆっくりと赤ちゃんの腕を引っ張り上げて、お腹の筋肉で起き上がれるようにすると、腹筋、背筋を強くでき、おすわりや寝返りができるようになります。

関連記事一覧