育児辞典

« 性器にさわる | メイン | トイレに入らない »

大きな音を怖がる

雷や花火の音を怖がって泣き出すという赤ちゃんは多いものです。赤ちゃんによっては、音以外にも、水にぬれるのを怖がったり、ブランコなどの動きを怖がったりする子もいます。この場合、無理にならそうとするのはよくありませんが、かといって親が神経質になって、遠ざけるのも、結局なれる機会を失っていつまでも怖がることになります。こうした怖い経験も、日常生活の中のひとつと、赤ちゃんが認識できるように、優しくフォローしながらならしてあげるようにしましょう。

関連記事一覧