育児辞典

« 発達検査 | メイン | 色覚異常 »

発達指数の高低

発達検査をして、発達指数が低いという場合、低年齢であるほど変化しやすいので、あまり気にすることはありません。大体5歳以降の指数が、17、18歳の時期の検査と関連が大きくなると言われます。また1度の検査では反応のむらなどで、正確に出ないこともあるので、結果を決めつける必要はありません。

関連記事一覧