育児辞典

« 色覚異常 | メイン | 左右の区別 »

思考力の発達段階

思考力の発達段階は、第一段階が5、6歳までで、前操作期と呼ばれます。この時期は外見に目がいき筋道立って考えることができません。第二段階は7、8歳からの具体的操作期で、具体的な手がかりによって推論できるようになります。第三段階は11歳〜15歳で形式的操作期です。この時期に純粋に仮説にもとづいて考えることができます。ですから、3歳ぐらいでは、まだまだ自分だけを中心にした考え方をすることになります。

関連記事一覧