育児辞典

« 母乳とお母さんの栄養 | メイン | 夜中の授乳 »

感染症の防止

母乳には赤ちゃんに免疫力を与える働きがあり、とくに初乳はこの力が強いのですが、未熟児で生まれ、母乳も分泌しないときには、感染症の予防措置が必要です。赤ちゃんの周囲を清潔にし、病原体に近づけないようし、十分な栄養で抵抗力をつけます。その後も雑菌のある環境を避けて、定期的な予防接種、健診を受けるようにします。

関連記事一覧