育児辞典

« 仕事を始めるときの準備 | メイン | ミルクを見て泣く »

哺乳瓶の乳首

混合栄養で育てる場合、赤ちゃんは母乳と哺乳瓶の違いを敏感に感じて、とくに哺乳瓶のゴムの乳首をいやがることが多いようです。とくに生後2、3ヵ月ごろに、これをきっかけにミルクぎらいになることが多いのですが、これを無理に飲ませようとしても、拒否反応を強めるだけなので、とりあえず水分補給だけを十分にして、様子を見ながら、何回かトライしてみましょう。ただし、満腹感の強い果汁は与えすぎないようにします。

関連記事一覧