育児辞典

« 赤ちゃんのタッチケア | メイン | お正月の赤ちゃん »

寒い日の湯たんぽ

寒い冬には、赤ちゃんの体も冷え切り、湯たんぽや電気あんかを使いたくなりますが、その使用には注意が必要です。湯たんぽや電気あんかを直接赤ちゃんの肌につけると、低温やけどをするおそれがあるので、湯の温度を60℃以下にして、布袋、毛布で二重にくるみ、赤ちゃんから20pぐらい離して置くようにします。電気毛布などは、まだ赤ちゃんには使わないほうがいいでしょう。エアコンなどで室温調節をするようにしましょう。

関連記事一覧