育児辞典

« 職場の保育施設が少ない原因 | メイン | 感情的にならない »

しつけの基本

子どもをしつけるときの基本は、まず子どもの安全を守るための事柄から始まるということです。「危ないからいけない」ということが、子どもにはっきりと伝わるしつけをしなくてはなりません。小さいときに、あまりきつい叱り方をすると、叱られたことだけが印象に残り、言われた内容を覚えないことがあるので、あくまでも、伝えたいことが子どもに明確にきざみつけられるような叱り方をしましょう。その後に、少しずつ家庭内でのしつけをしていきます。家族間でしつけ内容に矛盾が出ないよう話し合っておきましょう。

関連記事一覧