育児辞典

« 自立途中のおもらし | メイン | 子どもの便秘 »

うんちの始末

子どもの排泄の発達の目安としては、自分でトイレに行っておしっこができるようになるのが3歳半から4歳ごろで、用便後に自分で紙でふけるようになるのは、4歳から6歳ごろです。うんちの始末ができるようになるのは、4歳半ぐらいが一番多いようです。排泄に関する発達h個人差が大きいので、子どもの様子を見ながら、気長にしつけていきましょう。

関連記事一覧