育児辞典

« 自主性を尊重する | メイン | 自主性のある子どもにしたい »

三つ子の魂百まで

「三つ子の魂百まで」は、3歳までにその後の人間の人格形成が決まるというものですが、3歳まで不遇に育つと、その後はもうだめということか、3歳まで教育すれば後は大丈夫なのかと、疑問がわきます。もちろんあかちゃんのときの家族、周囲の働きかけは大切ですし、大きな影響がありますが、子どもはその後の教育によっても大きく変化します。つねにどんな時期も大切なのです。小さいときに引っ込み思案だからと、一生そのままということではありません。

関連記事一覧