育児辞典

« 心配性の親 | メイン | 一人っ子の育て方 »

きょうだいが3人

きょうだいが3人というと、にぎやかでよさそうですが、実際には、大体2人が仲良くなって、1人がぽつんと取り残されることが多いようです。そして、1人はきょうだいの調整役になることが多いのですが、これは子どもには難しい役なので、取り残されている子ども、調整役になっている子どもには、親がフォローするようにしましょう。じっくりと相手になってやって、よくきょうだいの話を聞くことです。

関連記事一覧