育児辞典

« お母さんの入院 | メイン | 絵本の好み »

子どもと絵本

子どもに絵本を与えるのは、普通1歳のお誕生日ごろです。初めての絵本は、野菜や果物、動物など身近な絵が描いてあるもので、「ポキポキ」などの音が表現されているようなものがいいでしょう。「リンゴはどれかな?」などと、子どもに聞いたりして、一緒に遊びましょう。1歳半をすぎて、絵本に興味を示したら、簡単なストーリーのある絵本を与えましょう。実際にストーリーを楽しめるようになるのは3歳をすぎてからですが、お母さんに絵本を読んでもらって想像力がかきたてられます。

関連記事一覧