育児辞典

« 赤ちゃんのご機嫌 | メイン | 病院に持参するもの »

赤ちゃんの危険信号

たとえ夜中でも、必ず病院に連れて行くべき、赤ちゃんの危険信号は、呼吸が弱い、荒い、顔色が悪い、泣き方が激しい、弱すぎる、全身がぐったりしているなどです。これ以外にも、いつも見ているお母さんだけにわかる異常があるでしょう。どんなサインも見逃さずに、すぐに病院に連れて行ってください。

関連記事一覧