育児辞典

« 重病のサイン | メイン | 病気と掃除機 »

病室の室温調整

子どもが病気のときには、室温は20℃前後、湿度はのどの粘膜保護のために60%程度に調整しましょう。病室は通気性をよくして、静かで日当たりのよい部屋にします。暖房器具は空気を汚さないように、床暖房やヒーター、電気ストーブなどにします。子どもには着せすぎないようにして、まめに着替えをしてあげましょう。

関連記事一覧