育児辞典

« 赤ちゃんの常備薬と看護用品 | メイン | 赤ちゃんの薬の保存 »

赤ちゃんの薬

赤ちゃんの薬は、ほとんどが症状をやわらげるためのもので、病気を治療するものではありません。せきの薬や鼻水、下痢の薬、解熱剤などです。「食後」の指示のある薬は、赤ちゃんは薬で胃が悪くなることはあまりないので、薬だけ飲ませても大丈夫です。8時間おきの指示のあるものは、1日に3回飲ませるほうが優先されるので、この時間より短い間隔でも大丈夫です。「食前」の指示は、薬の効き目を強くするためなので守ってください。

関連記事一覧