育児辞典

« 赤ちゃんの薬の保存 | メイン | 赤ちゃんと注射 »

薬をいつまで飲むか

赤ちゃんがかぜなどでもらう薬は、多くは解熱剤など、症状をやわらげるための対症療法の薬で、これ以外に殺菌のための抗生物質をもらうこともあります。対症療法の薬は症状が改善したら飲まなくでもいいですが、気管支ぜんそくなどの原因の病気がある場合などは長く服用する必要があるので医師に聞きましょう。抗生物質は、熱が下がったからとやめると菌のぶり返しがあるので飲みきったほうがいいでしょう。

関連記事一覧