育児辞典

« 薬をいつまで飲むか | メイン | 赤ちゃんとビタミン »

赤ちゃんと注射

かつて、注射による大腿四頭筋拘縮症が問題となり、現在では赤ちゃんへの注射は、坐薬にするなどで、少なくなっています。現在、赤ちゃんに皮下注射が必要なのは、通常はワクチンとツベルクリンぐらいです。病気になると点滴が必要なことがありますが、これも安全なプラスチック針になっています。これ以外に、まれな例では手術前の麻酔注射、成長ホルモンの注射などがあります。

関連記事一覧