育児辞典

« 赤ちゃんと目薬 | メイン | 解熱剤の副作用 »

熱が出ても元気な子ども

子どもによって、熱が出たときの反応は異なります。一般に乳幼児の平熱は、37℃以上と高い場合が多く、38.5℃ぐらいになっても、平気で元気な子どももいます。この場合には、とくに解熱剤を使う必要はありません。解熱剤の目的は、子どもを元気にさせるためだからです。解熱剤を使う前に、腋の下や首を冷やしてあげると、それだkで熱が下がることがあります。

関連記事一覧