育児辞典

« 予防接種の必要性 | メイン | 平成6年の予防接種の法改正 »

予防接種をしなくなると

現在実施されている、子どもの予防接種をしなくなると、ポリオ、ジフテリア、日本脳炎などは、再び猛威をふるうことになるでしょう。最近は結核も増えていて、はしかや百日咳はまだ流行しています。いずれの病気も子どもの命にかかわる重い病気で、これを未然に防いでいるのが予防接種なのです。予防接種の中には、病原体を使う生ワクチンなどがありますが、自然に病気になったときのような合併症の心配は全くありません。

関連記事一覧