育児辞典

« 平成6年の予防接種の法改正 | メイン | 予防接種の注意事項 »

安全な予防接種の受け方

赤ちゃんの予防接種については、市区町村から通知が来て、予診票に記入した上で、かかりつけの医師か診療所などで受けます。万一の副反応を回避するため、子どもの体調の悪いときは避けてください。副反応が出る可能性のある期間は、生ワクチンで4日から4週間、不活化ワクチンで4日以内なので、旅行などの予定があるときは調整します。

関連記事一覧