育児辞典

« ゼラチンアレルギーは要注意 | メイン | 集団接種を受ける時間 »

未熟児の免疫機能

未熟児の場合、やはり予防接種時期については、十分な注意が必要です。赤ちゃんの免疫機能が、その予防接種に対して成熟していないと予防接種は実施できません。未熟児の場合は、予定日からの月数におきかえた修正月齢で算出します。32週で生まれた子どもは、月齢から2ヶ月引いた月齢で接種時期を決めます。各予防接種で接種時期が異なりますが、全てこの計算で出します。ただし超低出生体重児など、通常と異なるケースでは医師の判断が必要です。

関連記事一覧