育児辞典

« 吐いたものに液体や血が混じる | メイン | 赤ちゃんの食中毒 »

ワクチンの副反応

インフルエンザの予防接種を受けた後、副反応が起こる可能性があるのは、その日から翌日にかけてで、発熱が主なものです。ですから、接種後、その日に赤ちゃんが吐いた場合は、ワクチンが原因ではなく、嘔吐下痢症など、他の原因が考えられます。インフルエンザワクチンの副反応には、他にゼラチンアレルギーや卵アレルギーがあります。

関連記事一覧