育児辞典

« ワクチンの副反応 | メイン | 周期性嘔吐症とカラシア »

赤ちゃんの食中毒

赤ちゃんの食中毒の原因として多いのは、魚介類からも感染する腸炎ビブリオなどで、これは潜伏期間が6〜12時間と短く、すぐに症状が出ます。カニなどを食べて、赤ちゃんの調子が悪くなったら、食中毒の可能性があります。他にも、サルモネラやO157などがあり、症状は嘔吐と水様便です。すぐに受診し、周囲の人も石けんでよく手洗いしましょう。

関連記事一覧